ヘンプシード(大麻の種)の効果効能について

ヘンプ&CBD商品

健康に良いと言われるヘンプシードって本当に体にいいの??

大麻草の種(実)であるヘンプシード。

日本でも以前からヘンプシードオイルやヘンプシードナッツ(麻の実)などが人気ですよね。

麻の実ナッツなども、いろんなお店で販売されたりしています。

オアシス先生
オアシス先生

ヘンプシード(麻の実)は栄養価が高く、健康に気を遣う人達から、とても人気があるのをご存じでしょうか??

大麻の実は、プロテインとエッセンシャルオイルの両方を理想的な割合で摂取できる「スーパーフード」。

どんな植物よりも多くの必須脂肪酸を含んでいるので、免疫力を高め、肌・髪などの艶が良くなることでも有名です。食物繊維が豊富でオメガ3必須脂肪酸とオメガ6必須脂肪酸の両方が摂取できるのです!

そのままサラダにかけて食べるのも良いですし、ヨーグルトに入れたりしても美味しいですね。

そしてヘンプシードオイルも非常に人気があります。

ヘンプシードオイルには、必須脂肪酸であるオメガ3のα-リノレン酸とオメガ6のリノール酸以外にも、γリノレン酸、アミノ酸、ビタミンA、C、Eも含まれています。

植物油の中で最も必須脂肪酸の含有量が多いと言われ、人間の体に必要な必須脂肪酸の約80%も含まれています。

オアシス先生
オアシス先生

スプーン1杯(約25g)だけで厚生労働省が推奨する1日に必要な量を手軽に摂取することができるのも嬉しいですよね♪

leafちゃん
leafちゃん

必須脂肪酸が2種類含まれていて、とても体に良いことは理解できました。

具体的にヘンプシードオイルはどう体に良いのですか??

★ヘンプシードオイルがもたらす5つの効果効能★

ヘンプシードオイルには主に下記のような効能効果が期待できます。

オアシス先生
オアシス先生

まとめると5つの効能がありますね。

美容と健康には、とっても効果的と言えるでしょう!

生活習慣病の改善と予防

オメガ6脂肪酸である「リノール酸」は血糖値の上昇を抑制し、悪玉コレステロールを減らします。動脈硬化や高血圧、糖尿病予防にも効果があると言われていますが、ただ日本人はオメガ6脂肪酸を採りすぎる傾向があります。

そこで重要なのが「オメガ3脂肪酸」。オメガ6脂肪酸と一緒に摂ることで効果が高くなると言われています。

この亜麻仁油などにも多く含まれる「オメガ3脂肪酸」であるα-リノレン酸は、血流を良くして、血液サラサラ効果が期待でき、脳梗塞などの予防にもつながります。

 

アトピーなどの皮膚、アレルギーへの効果

食用油は、オメガ6系脂肪酸の割合が多いため、血液をドロドロにしてしまうことが多いです。これがアレルギーやアトピーの原因となったり、悪化の原因となるケースとなるのです。体に良い油の条件は、オメガ3とオメガ6のバランスが良いことが重要。ヘンプシードオイルは、オメガ3(α-リノレン酸)、オメガ6(リノール酸)、γリノレン酸の割合が、2:5:1となっており、理想的なバランスと言われているのです。

オメガ3脂肪酸は、免疫力を強化する作用があり、またγリノレン酸はアトピー性皮膚炎の改善に効果があるそうです。

 

美肌・ダイエット
オメガ3(α-リノレン酸)は、先ほどお話したように肌にとっても良い成分です。肌の保湿を高める作用もあり、ビタミンC、Aも含まれています。また「トランス脂肪酸」を含んでいないので、脂肪になりにくい上に、脂肪燃焼効果も期待でき、ダイエットにも効果を発揮すると言われています。
 
脳の血流を良くして思考力を高めたり働きを良くする効果
オメガ3(α-リノレン酸)は血液サラサラ効果が期待できるので、脳の血流を良くします。脳にちゃんと栄養と酸素が送り込まれ、脳機能をアップさせることで働きを良くして、記憶力の改善、認知症やうつなどの改善にも効果があると言われています。またγリノレン酸をしっかり摂ることで、頭痛、睡眠障害、生理前の不快症状も改善してくれる効果が期待できます。
 
腸内環境の改善
ヘンプシードオイルには必須脂肪酸の他にも、多くのミネラル・ビタミン・食物繊維などが含まれています。豊富な食物繊維は腸内環境を整えてくれて、便秘の解消だけでなく腸内細菌が生き生きとすることで、あらゆる体の不調を改善することに繋がります。
 

下記のような効果は私たちとっても嬉しいですよね♪

◉ 生活習慣病の改善と予防

◉アトピーなどの皮膚、アレルギーへの効果

◉美肌・ダイエット

◉脳の血流を良くして思考力を高めたり働きを良くする効果

◉腸内環境の改善

 

オアシス先生
オアシス先生

いかがでしたでしょうか?

ちなみにオメガ3とオメガ6についても補足しておきますね!

・オメガ3系統:アマニ油、シソ油、いわし、あじ、さば、カツオ、マグロ、サケなど青魚が中心
・オメガ6系統:コーン油、サフラワー油、月見草オイル、ひまわり油、牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類が中心

 

コメント

  1. moco より:

    アマニシードとチアシードとヘンプシードのどれかを摂ろうと思っています。

    アマニシードやチアシードよりもヘンプシードが良い利点を教えてください。
    ヘンプシードはアマニシードなどよりも価格が倍以上するのです。栽培がしにくいなど条件があるのかもしれませんが、
    とびぬけてヘンプシードが良い点があればそれに見合った価格を出すのは惜しみませんので、ヘンプシードが持つ独特の効果を教えてください。

    アマニシードはアマニリグナンがありますし、同様にオメガ3も豊富です。
    チアシードもオメガ3が豊富ですね。オメガ6,9とのバランスがヘンプシードは良いそうですが、
    それくらいなのでしょうか?
    アレルギー疾患・アトピーなどを防ぐ効果があるのはγ‐リノレン酸ですか?
    そのγ‐リノレン酸が入っているのはヘンプシードだけでしょうか?
    γ‐リノレン酸はアマニ油には含まれていないのですか?

    それから、3つの中でなぜヘンプシードだけがこんなに高価なのですか?