最近発生した大麻・CBD関係のトラブル・ニュースについて

CBDについて

当然ですが大麻やCBDについてネガティブなニュース、事件もあります

芸能人が大麻を栽培してて捕まった、大学生がマリファナを所持していて捕まったというものから、違法と思っていない人がアウトになったパターンや大麻入りのお菓子をばらまいて救急搬送される子供が続出・・というニュースまで多々あります。

CBDが世界保健機構(WHO)に安全性を認められた・・という明るいポジティブなニュースがある一方で、違法にTHCを混入させたCBDオイルを製造している悪質メーカーもいるのです。

カンナ研修生
カンナ研修生

大事なことはメリットだけでなくデメリットも知ること。

すべての製品やニュースで流れる情報が正解という訳ではないことを知っておくべきです。

例えば、つい最近のニュースでは下記のようなものがアメリカで発生しています。CNNが2019年2月に報道していたニュースです。

米オハイオ州クリーブランドの小学校に通う児童少なくとも十数人が、マリフアナの入ったグミを食べて病院に搬送されていた。警察は、児童の1人にグミを持たせた母親を逮捕した。児童がマリファナ入りのグミを配っていたのだそう。

詳細は下記。

 米オハイオ州クリーブランドの小学校に通う児童少なくとも十数人が、マリフアナの入ったグミを食べて病院に搬送されていたことが6日までに分かった。警察は、児童の1人にグミを持たせた母親を逮捕した。

事件があったのは4日。地元警察によると、小学校の教室でグミを見つけた教員助手が、パッケージの記述からドラッグ入りのグミであることに気づいたという。その後、小学校が警察と救急医療サービスに通報した。

警察は、児童の1人にグミを持たせたとされる母親を、子どもを危険にさらした疑いで逮捕した。

警察発表によれば、この児童は他の児童少なくとも12人にグミを配った。児童らが搬送された病院は、5歳から9歳までの児童15人に薬物検査を実施して帰したと説明。このうち2~3人の児童が腹痛を訴えていたという。

警察は、児童の1人からマリフアナに含まれる向精神薬のTHCについて陽性反応が出たことを明らかにした。

小児医学や毒物学の専門家は、マリフアナや他の薬物の入った食品を子どもが誤って口にしてしまうことの危険性に言及。「摂取した結果、目まいや過度の眠気といった強い症状が出る可能性がある。まれに呼吸困難に陥るケースもみられる」と警鐘を鳴らした。

CNNニュース 2019/2/6

つい先日、大麻、マリファナ、CBD関連のニュースではありませんが、電子たばこのヴェポライザー(ベイプ)での爆発事故で死亡者もでたそうです。

CBDリキッドはこのヴェポライザー、電子タバコを使用して吸うものです。

きちんとした製品であるかどうか?はとても大事な要素です。

同州タラント郡の検視当局によると、ウィリアム・ブラウンさん(24)は同州フォートワースの病院で1月29日に死亡した。死亡証明書によると、死因は破裂した電子たばこの破片で頸動脈を損傷したことによる脳梗塞(こうそく)とヘルニアだった。

電子たばこの破裂は1月27日、たばこ販売店の駐車場で発生。CNN系列局KTVTによると、この店の店長が救急車を呼んだ。ブラウンさんは、電子たばこの使い方を尋ねるため同店に立ち寄ったものの、何も買わなかったという。同店では、ブラウンさんが使っていたブランドの電子たばこは扱っていないと説明している。

病院に運ばれたブラウンさんは、医療措置による昏睡(こんすい)状態に置かれ、X線検査の結果、電子たばこの破片がのどの部分に突き刺さっていることが分かった。

電子たばこは液体を加熱して発生させたエアロゾルを、普通のたばこのように吸引する仕組み。米疾病対策センターによると、一般的にはこの液体にニコチンが含まれる。

米消防当局によれば、2009~16年にかけてマスコミが報じた電子たばこの発火や破裂は、米国内で195件起きている。

昨年5月にはフロリダ州の男性が、破裂した電子たばこの破片が頭部に突き刺さって死亡した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-35132327-cnn-int

カンナ研修生
カンナ研修生

これだけではありません。

実はCBDでも逮捕者が出たりしているんです。

逮捕の理由は、意図的に成熟した茎および種子以外から抽出し、THCの含有量(濃度)を高くしたCBDオイルを製造し、販売をした容疑者と購入した個人。

癌患者や重篤な疾患を患っている方へ無償で提供しているリック・シンプソン氏が作った大麻オイルのレシピを真似して作られたものだそう。この大麻オイルは産業用大麻ではないのでTHC濃度が高く違法性が高いものでした。アメリカでは気軽に大麻も手に入れることができる状況もあり、アメリカ在住の日本人はインターネットやSNSを通じて、違法なCBDオイルを販売していたのです。

※リック・シンプソンの証言(癌を治療する大麻油)

癌を治療する大麻油~リック・シンプソンと証言

気をつけなくてはならないのは、たとえ違法だと知らなかったとしても輸入・購入してしまえば犯罪となるのが恐ろしいところです。

「知らなかった」という言い訳が通用しないことを肝に命じておく必要があります。

インターネットを通じて、これを販売していた海外在住の個人には、法的にも国内所持や利用が法律で認められている国であるので、実際にペナルティは無いに等しいものとなったそうです。

でも、輸入して使用した者、国内では違法なCBDオイルを購入した者は処罰の対象となるのです。

カンナ研修生
カンナ研修生

CBD製品を購入する際は、正式に販売許可を得ていない会社や個人からの購入は絶対に控えるべきと言えるでしょう。

特にTHC濃度が高い製品を購入したりすると一発でKOとなるレベルです。

CBDだけ含有なので安心!とうたっていても、全面的に信用はしづらいと思います。なので、第3者機関への申請、承認の証明書の有無などについては調べた方が良いでしょう。

カンナ研修生
カンナ研修生

特にオークションやCtoC(メルカリなど)では個人が海外から輸入した CBD製品が売られているケースもあります。

購入する際は、十分に注意するようにしましょう!

コメント